遺品整理の作業の流れは、まず最初に整理をする室内にある遺品を確認し、形見分けなどに残したいものと、供養に出す必要のあるもの、リサイクルとして買取依頼をするもの、破棄する必要のあるものなどに仕分けをしていきます。

仕分けをしたものは梱包し、整理をしながら貴重品や重要なものを見落とさないよう、確認しながら進めていきます。

整理が済んだものから搬出を開始し、トラックなどに積んでいきます。

買取を行う業者は、買取可能な商品を自社へ、破棄するものは、地域の廃品物破棄の定められたところへと搬送していきます。

遺品整理業者に全てお任せにせず、立ち合って確認しておくことも大切です。

あとで必要だったものを思い出すこともありますから、その場で破棄しないものなどの指示を出すようにしたいところです。

搬出が終わったら、清掃が始まります。

基本的には、床の拭き掃除、水回りの掃除、指定する箇所があればその部分を重点的に清掃してもらえます。

掃除機をかけ、玄関やベランダを掃除して終了になります。