遺品整理や、荷物の整理、特殊清掃などで、ごみ屋敷になった家の整理に困ってしまったという経験のある人も、少なくないでしょう。

高齢化社会ですから、高齢者特有の疾患などが原因で、家の中や外を片づけることができなくなってしまい、そのまま生活を続けながら、施設などへ入るという人も多いもの。

ごみ屋敷に至る過程には、老人性の痴ほう症などを発症し、それでも一人暮らしをしている高齢者の生活の様子が見てとれます。

ごみ屋敷は、近隣の住民からの苦情も多く、一刻も早く片付けてしまわないといけないというプレッシャーを親族の人が感じているのも現状でしょう。

特殊清掃を行う遺品整理業者は少なくありません。

丁寧な応対ができ、ごみの山の中からでも、貯金通帳などの必要なものを探してくれるところもあります。

家族にとっては、ごみ屋敷の存在は頭の痛いもの。

どうにかしたいと気持ちはあせるものの、一人や二人の手作業でどうにかなる規模ではないことも多いでしょう。

遺品整理の業者は、そんな時こそ頼りになります。

相談してみることをおすすめします。